パワーストーンでチャクラを活性化する方法

パワーストーンでチャクラを活性化する方法

チャクラって何?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、パワーストーンの効果を感じたい!という方は、チャクラについて理解しておくことも大切になってきます。

パワーストーンでチャクラを活性化する方法について、ご紹介します。

よく聞く「チャクラ」って何?

よく聞く「チャクラ」って何?

ヨガや気功に関するサイトや本によく登場する「チャクラ」というキーワード。

みなさんはその意味をご存知でしょうか?

チャクラは「エネルギーの輪」という意味のヒンズー語で、様々なエネルギーが出たり入ったりするポイント。

足の裏から頭のてっぺんまでで9つあり、それぞれ違った働きを持つと言われています。

ここで、チャクラの場所と概要をざっくりとご紹介しますね。

★第0チャクラ

足の裏

大地からのエネルギーをいただき、大地とのつながりを強める

★第1チャクラ

尾骨、背骨の付け根

身体的な活力を司る

★第2チャクラ

ヘソの1~2㎝下

感情を受け取るセンサーのような役割

★第3チャクラ

胸の下

パワーと英智を司る

★第4チャクラ

胸の中心

愛や思いやりを司る

★第5チャクラ

喉の下部

インスピレーションやコミュニケーション能力を司る

★第6チャクラ

頭蓋骨の底、眉毛の間

直感や意思を司る

★第7チャクラ

頭頂部

スピリチュアルなものとつながる

★第8チャクラ

頭頂部の上(頭の上の空間)

宇宙とのつながりを司る

う~ん、なんだな抽象的でよくわからない!

って方も多いかもしれません。

簡単に言うと、チャクラは「ツボ」のこと。

指圧して気持ちいい、アレですよね。

チャクラとパワーストーンの関係は?

チャクラとパワーストーンの関係は?

ここまで読んで、「なんかあまり自分とはあまり関係がなさそうな話だな」と思われた方もいるかもしれません。

ですが、パワーストーンをお守りとして身に着けたいのであれば、チャクラの話は避けては通れない!

実は、パワーストーンを持つ上で、チャクラを意識することは超・重要なんです。

なぜかというと、パワーストーンには私たちのチャクラを開く(=活性化する)力があるから。

普段は閉じた状態の孔を開くことで、特定のエネルギーを吸収しやすくなったり逆に自分がエネルギーを発信しやすくなったり。

パワーストーンを持つことで自分の“何か”が変わったと自覚しているのであれば、それはパワーストーンがチャクラになにかしら作用していた証拠なんです。

「チャクラ別 オススメパワーストーンをチェック!」の記事で詳しく紹介していますが、チャクラにはそれぞれ色があり、対応する色のパワーストーンを身に着けることでうまくその働きを活性化させていくことができます。

ですから、パワーストーン選びで迷ったら、チャクラと色を基準にして選ぶという方法もアリなんですよ。

開きたいチャクラに合わせて石を選ぶ

開きたいチャクラに合わせて石を選ぶ

ショップでパワーストーンを選ぶ時は、見た感じ、触った感じの「好き/嫌い」「合う/合わない」というフィーリングを大事にしたほうが良いと言われています。

しかし、明確に「こうなりたい自分」「叶えたい理想」がある場合は、その目的に合うエネルギーを備えたパワーストーンを選ぶのが夢の実現への近道ですよね。

その時にもやはり、チャクラに対応した石を選ぶことを意識してみると良いでしょう。

例えば、「人に優しくなりたい、もっと思いやりのある人になりたい」と思うのであれば第4チャクラを開いてくれるパワーストーンを選ぶのがオススメ。

第4チャクラの色はグリーンやピンクなので、グリーン系/ピンク系のカラーのパワーストーンを選ぶと望む方向へとエネルギーを高めていくことができるはずです。

本によっては「最初はあまりパワーストーンの効能や意味を考えず、自分のフィーリングに任せて石を選んだほうが良い」というようなことが書かれてあったりしますが、石の潜在能力を生かすにはまずはお互いのことを良く知る必要があります。

石の特性をよく理解し、そのメッセージにじっくり耳を傾ける。

同時に、あなたが望むこともしっかり伝えることが大事で、そのような双方向のコミュニケーションが取れてこそ石とあなたの間の絆はより強いものになっていくでしょう。

お目当てのパワーストーンを手に入れたら、1日に1回は開きたいチャクラの部分に石を当てて、チャクラが開かれていく様子をイメージしてみましょう。

パワーストーンとの絆を深めていく上で、この「想像する力」はとても大切。

スポーツ選手でも、イメージトレーニングに力を入れている方って多いですよね。

あの羽生結弦選手も、ケガで練習できなかった時期はイメージトレーニングにかなり注力されていたそうです。

パワーストーンの力をどこまで生かし切るか。

実際には見えないエネルギーの流れをどこまで具体的にイメージできるかで、得られる効果も違ってきます。

チャクラを開くことは、言い変えれば自分のインスピレーションを鍛えること。

パワーストーンを持つことは、今まで眠っていた未知なる能力を開放することにもつながっていくのです!