2月20日の満月!「冷静と情熱の間を渡り歩く乙女座の満月」

2月20日の満月!「冷静と情熱の間を渡り歩く乙女座の満月」

2月20日0時53分頃、乙女座の満月を迎えます。

月は乙女座の0度、そして向かい合う太陽は魚座の0度。

共に次の星座に入ったばかりの状態で、お互いの存在を強く意識しあうことになります。

そんな乙女座の満月について、チェックしていきましょう。

乙女座満月の詳細情報

乙女座満月の詳細情報

今回の満月は、月と太陽の関係性を遮るものは無く、火星と天王星が、2人の関係性をほどよい距離感でポジティブに眺める配置になっています。

乙女座の月は、非常に冷静で的確な性質を持っています。

「もっときちんと生活をしたい」

「エラーの無い人生を送りたい」

という思いが高じて、鋭い判断力で物事をジャッジします。

しかし、太陽が魚座にあることで、ジャッジがストレートに行動に表れることは無く、「本当はこちらが正しいのだけれど、つい情に流されてしまう」という戸惑いとジレンマで、強いフラストレーションを抱える人も少なくないでしょう。

それでは、「正しさ」とは何でしょうか?

「正論」を貫くことで得るメリットは何でしょうか?

多少間違っていても、多くの人が喜んだり癒されたりするのであれば、あなたは、多少モラルに反していたとしても、自分を犠牲にしたとしても、その行動を貫くかもしれません。

しかしあくまで、「物事に無駄をなくしたい」という、一番の願望を前提に、頭の片隅に置きながら、冷静と情熱の間を渡り歩き、バランスを取る事になるのです。

乙女座の満月のホロスコープより

乙女座の満月のホロスコープより

今回の乙女座の満月は、いくつかの印象的な配置があります。

それは、山羊座の土星、金星、冥王星のトリオ。

そして、魚座の海王星と水星のペアです。

土星、金星、冥王星のトリオは、あなたの中の極端な「嗜好」を調整する力。

そして、海王星、水星のペアは、あなたの中のイマジネーションを人に伝える力。

これらもまた、乙女座の満月期には、「欲望と節制」の間で揺れ動く事になるでしょう。

この時期、世の中の流れとしては、未来に対する夢や希望を現実的な課題によってクールダウンさせてしまうような出来事に触れやすくなります。

子どもがあれこれと将来の夢を語っている時に、親が「それでは食べていけないわ」と、正論を語りかけるような、そんな冷たさを感じることもあるかもしれません。

乙女座の満月にすると良いオススメのこと

乙女座の満月にすると良いオススメのこと

今回の乙女座の満月は、「夢は夢」「現実は現実」という住み分けをしてみましょう。

また、「夢を叶えるにはどう行動を起こしたら良いか」という、客観的な視点を取り入れる際も、ポジティブな感情を意識してみましょう。

批判精神を抑え、人々の夢や理想に寄り添った時、温かな空気が世の中に流れるようになります。

あなた自身が描く夢物語も、あなた自身が制限を設けないよう、心がける必要があるのです。