射手座の水星が逆行を開始!チャンスをつかむために逆行を利用しよう

射手座の水星が逆行を開始!チャンスをつかむために逆行を利用しよう

水星という惑星は、年に3回ほど逆行する惑星です。

そして逆行が起こる度に、いろいろなサイトだったりで「注意喚起」が起こったりするのですが、実は水星の逆行はそんなに怖いものではありません。

宇宙で起こることは、すべて意味があること。

見方を変えれば、チャンスの時でもあるのです。

いて座の水星の逆行によりチャンスをつかむための方法とは?

具体的に、チェックしていきましょう。

射手座の水星の逆行開始

射手座の水星の逆行開始

11月17日10時26分ごろから、射手座の水星が逆行を開始します。

12月7日の6時19時ごろまで続くこの水星逆行は、途中で射手座から蠍座へと部屋を移します。

水星の逆行は、年に数回起こる現象で、今年はこの逆行で3回目。

そして、今年最後の逆行となります。

水星は「コミュニケーション、通信」を司り、人々が「動こう」とする動機を与える役割を持ちます。

つまり、世の中にドラマを生み出すきっかけ作りに重要な役割を担っているのです。

その水星が逆行に転じることで、本来の水星の良さを発揮しがたい事象が起こりやすくなります。

一般的に、通信機器の不調や、輸送等の乱れ、コミュニケーションの躓きなど、「流れ」に詰まりが生じてくることから、人にとって「あまり経験したくないイザコザ」が起こりやすくなるのです。

射手座の水星の逆行で注意するべきこと

射手座の水星の逆行で注意するべきこと

今回は射手座で水星逆行が起こります。

木星が射手座に入り、「さあ、これから、拡大だ、発展だ!」と浮き立っている世の中を少しクールダウンさせるような、楽しくない情報が入ってくるかもしれません。

「正しい」と信じていた情報や、当たり前のように思っていた知識などが覆されたり、誤って認識されたりしやすいので、この間に資格試験や自分の知識を発表する機会がある人は正確さを特に強く意識するようにしましょう。

旅行なども予定が狂いやすくなりますので、この間に移動の予定がある人は、余裕をもったスケジュールを組むことで、少々のトラブルにも対応できる気持ちのゆとりが生まれます。

水星はしばらくの間、射手座内を逆行し、12月2日に水星が蠍座内へと移動します。

この時期は、勘違いや、思い込み、人との感情の対立に特に気を付けたい時期です。

特にこの間の人間関係のトラブルは、尾を引きやすくなります。

いつもより言葉を多めに、丁寧に相手に届けるように意識すると良いでしょう。

射手座の水星の逆行で影響を受けやすい人とは?

射手座の水星の逆行で影響を受けやすい人とは?

今回の水星逆行で、特に影響を受けやすい星座は、双子座、乙女座、射手座、魚座の人。

自分のその場その場の感覚で柔軟に進められたことにブレーキがかかりやすくなります。

より、慎重な言動を心がけるようにしましょう。

この「慎重さ」が、逆に安定感へと繋がり、信頼を得るチャンスとなるかもしれません。

また、蟹座、蠍座、魚座の人は、感情的なトラブルにも気をつけましょう。

牡羊座、獅子座の人は、勢いだけで物事を進めないように心掛ける時。

牡牛座、天秤座、山羊座、水瓶座の人は本来の慎重さとバランス感覚を維持することで、今回の水星逆行の影響を最小限に留めることができます。

水星が逆行を終えると、再び水星は射手座に向かって進み、12月14日に再び射手座入りします。

このあたりから、射手座内にいる木星とのコラボレーションにより、再び世の中が楽しい情報に包まれるようになるでしょう。

確実にチャンスを掴むための心の準備を促す、射手座の水星逆行となりそうです。