蟹座の満月!「あふれ出す感情の泉を受け止める満月」

蟹座の満月!「あふれ出す感情の泉を受け止める満月」

12月23日は、蟹座で満月が起こります。

蟹座といえば、何と言っても水の星座です。

感情にリンクした、そんな満月の過ごし方をお伝えしていきます。

12月23日に迎える蟹座の満月のこと

12月23日に迎える蟹座の満月のこと

12月23日2時48分頃、蟹座で満月を迎えます。

月は蟹座の守護星。

2018年もあと約1週間という所で、月は「満月」の状態でホームに帰る事になります。

蟹座の月は、「心の安定」を求め、個人のホロスコープで蟹座の月を持つ人は、家庭内での「幸せ」を強く望みます。

「強く望む」という気持ちは、実は「自分が欲しくても手に入っていないもの」から生まれます。

蟹座の月は、「感情的な安定」を求める状態。

つまり「不安定」な要素を持っています。

タロットカードの「月」は、蟹座の満月をよく表しています。

表情の暗い満月に向かって、犬やオオカミが吠え、その中にはザリガニもいますね。

ザリガニと蟹が同一であるかどうかは定かではない所ですが、ザリガニはこの陰鬱な状況から抜け出そうとしている存在として描かれます。

つまり、「安定を求める人の心」を表しているのです。

月は気持ちの揺れとリンクする存在

月は気持ちの揺れとリンクする存在

「月」は1日1日その姿を変えるように、気持ちの揺れを表し、満たされない心に安らぎを得たいという、強い願望のイメージ図とも言えるでしょう。

今回のこの蟹座の満月ですが、ここ最近の刺激的な新月、満月よりは、とても落ち着いた雰囲気を持っています。

蟹座の満月の惑星の配置

蟹座の満月の惑星の配置

月とアスペクトを取るのは山羊座の太陽のみ。

牡羊座の天王星と調和を取った中で、月はその気持ちの落ち着きどころを探るようになります。

山羊座の太陽は、堅実な行動や思考をモットーとし、自らの行動を定番化させるスキルを持っています。

蟹座にとって、山羊座が持つ揺るぎなさは、自分に無いものとして、刺激を受けます。

今回、蟹座の満月で影響を与えるのは、この山羊座の太陽の資質のみともいえるでしょう。

このところ、気持ちがざわついた人、そしてこの1年間、様々な経験をした上で「一番の心の置き所」はどこなのか?
を強く考えてみましょう。

心に不調和を抱えている人は、満月の前後に感情があふれ出す出来事が起こるかもしれません。

今、自分が置かれている場所は、自分が本当に望んでいるものだろうか?

どんな場所を求めているのか?

溢れた水を受け止めるように、あなた自身の心もそっとすくい上げてあげましょう。

心のざわつきを感じながら、「気持ちの置き所」を思案していくと良いでしょう。

蟹座の満月にするオススメのこと

蟹座の満月にするオススメのこと

また、この満月では、射手座の水星と木星がピッタリと寄り添います。

家の中で読書をしたり、気心知れた人たちとの時間をゆっくりと楽しんだり、といった、「自分の心が一番落ち着く」アクションを取ると楽しい時間が過ごせます。

学びの時間に充てると、すばらしい成果をえることもできます。

水の星座、蠍座の木星が様々なドラマを作り出していった2018年のクライマックス相応しい、蟹座の満月を堪能しましょう。