10月25日「新しい価値観。ブレイクスルーの牡牛座満月」

10月25日「新しい価値観。ブレイクスルーの牡牛座満月」

10月25日の満月は、牡牛座で迎える満月になります。

この牡牛座の満月は、新しい価値観を見つけたり、ブレイクスルーの満月になると言えそうです。

牡牛座の満月にするべきことについてチェックしていきましょう。

10月25日の牡牛座で迎える満月の詳細

10月25日の牡牛座で迎える満月の詳細

10月25日1時45分頃に、牡牛座で満月を迎えます。

牡牛座の満月は、より自分の安定した豊かさを求め、「自分のペースで現状を維持していこう」という気持ちを強くさせます。

一方で、向いあった蠍座の太陽は、他者にぐいぐいと踏み込み、相手のペースをかき乱していく、そんな強引な行動を起こそうとします。

「変わりたくない、でも変わらざるを得ないのか?」という、心の高ぶりを感じる満月となるのかもしれません。

10月25日の満月のホロスコープ

10月25日の満月のホロスコープ

それでは、天体の繋がりを見てみましょう。

今回の牡牛座の満月には、向かい合う月と太陽に対し、月には天王星、太陽には金星が、それぞれ寄り添っています。

天王星は月に「改革、変革」を促し、金星は「愛、豊かさ」を太陽に注ぎます。

特に、牡牛座の月に寄り添う牡牛座の天王星は、ほぼぴったり。

天王星は現在逆行中で、初夏に迎え入れた牡牛座の部屋から、一旦、牡羊座に帰ろうと部屋を出ようとしているところです。

その最終局面で起こるのが、今回の牡牛座の満月。

牡牛座は、「安定感」を第一とする星座。

頑ななまでに自分のやり方を変えようとしない人にとっては、天王星のアプローチは「脅威」に思えたかもしれません。

一方の天王星も、なかなか価値観を変えようとしない牡牛座の前で、なかなか自身の能力を発揮する事は、至難の業という所だったでしょう。

また、向かい合った、蠍座の太陽と金星のペアは、より「自分の信念」を貫こうとします。

そこには「相手への深い情」があり、安全地帯にいる牡牛座の月のプライベートゾーンを突き破り、「一方的な愛情」を注ぎたいという意思の表れとも言えます。

変わりたくない自分と自分を変えようとする自分

変わりたくない自分と自分を変えようとする自分

「変わりたくない」

という自分と

「もっと、自分を変えよう」

という、自己愛のせめぎ合いともいえる状態なのです。

その緊張にブレイクスルーを起こすのが、牡牛座の満月と蠍座の太陽の間に入る、獅子座のノードの存在です。

今回の牡牛座の満月では、獅子座のノードを頂点に、蠍座の太陽とTスクエアが形成されます。

これは、ノードの、「物事をより発展させ、ポジティブに転換させていく力」と、「多くの人を巻きこむ力」を使って、物質と精神、両方の「豊かさ」をキープするという効果が生まれる事を表しています。

今回の牡牛座の満月では、自分の価値観や信念のある行動をより多くの人にアピールさせましょう。

そうすることによって、自分の立ち位置がハッキリし、変えるところ、維持するところの境目が見えてきます。

「頑固な自分」「変えられない価値観」を変えたいと思っている人は、価値観の渦に飛び込むことによる「ショック療法」により、新しい世界が広がってくるでしょう。

今回の満月は「滞っていたこと、感情」が、ブレイクスルーし、安定を好む人には思いがけない「ドラマ」が生まれ、変化を好む人には、願っても無いチャンスが訪れるでしょう。

停滞感を打ち破る事。

それが、これからの「新しい豊かさへの追求」を生み出すのです。