2019年牡牛座の運勢!西洋占星術で見る牡牛座の2019年の占い

2019年牡牛座の運勢!西洋占星術で見る牡牛座の2019年の占い

2019年の牡牛座の運勢を、西洋占星術を使い占ってみました。

西洋占星術で見る牡牛座の2019年の運勢は?

全体運、恋愛運、仕事運、金運ごとにご紹介していきます。

2019年牡牛座の運勢【全体運】

2019年おうし座の運勢【全体運】

2019年の牡牛座の全体運は、何かに没頭したり、誰かに執着したりと、「結びつき」をテーマにスタートすることになります。

牡牛座は日々の丁寧さ、美しさをモットーとする星座であり、自分のペースを乱されたり、居場所を汚されたりすることを好みません。

ですが、2019年は、その牡牛座の整然とされたテーマに「人」や「物事」が入り込み、その対象について深く思案していくことになります。

自分と他者とを融合し、相手が求めるものが自分の求めるものになるような、「一心同体」的な関わりをすることになるでしょう。

その中で、強い感情のぶつかり合いがあったり、逆に相手を拒否したりといった、心の激しい「揺れ」を経験するかもしれません。

2018年の5月に、天王星が牡牛座入りしたことにより、牡牛座の「定番」に変化が起こり始めました。

その天王星が逆行し、11月に一度牡羊座に帰っています。

牡牛座に再び戻ってくるのは2019年の3月。2019年のスタートダッシュは、人生の変化に敏感になると共に、自分に関わる人間関係の刷新も含め、「誰と深く心を触れ合わせるか」がテーマとなります。

このテーマは12月まで続きます。

「人間」というテーマを追求する流れの中で、自分なりの哲学を導きだす1年になるのかもしれません。

2019年牡牛座の運勢【恋愛運】

2019年おうし座の運勢【恋愛運】

2019年の牡牛座の恋愛運は、「人と強く結びつく」全体運と同様、「誰かに密着する」という要素が強くなります。

元来、堅実的でリスクのある恋愛を選択しない牡牛座ですが、この時期は「誰かの為に奉仕をする」という「尽くす」という行為で、心の安定を保つようになります。

出会いの場も、「ここだけ、心を開くことができる」という、クローズな場に縁があります。

一方で、感情の拗れや、度が過ぎた執着による恋愛事件には十分気をつけましょう。

自分を客観視できるギリギリの距離感で相手との心のふれあいを楽しむ1年となります。

2019年牡牛座の運勢【仕事運】

2019年おうし座の運勢【仕事運】

2019年の牡牛座の仕事運は、裏方的な役割が増えてくるかもしれません。

自分にスポットライトがあたるよりも、誰かにスポットライトをあて、その人の魅力を引き出していく、プロデューサー的な仕事が増えるかもしれません。

また、仕事に対する意欲が高まりにくい時期でもあります。

自分を奮い立たせるような大きなチャレンジよりは、基礎固めや過去の振り返りなど、コツコツと取り組める作業を中心に行いましょう。

気持ちに広がりが出てくるのは12月。力を温存する1年となるでしょう。

2019年牡牛座の運勢【金運】

2019年おうし座の運勢【金運】

2019年の牡牛座の金運は、「棚からボタ餅」的なラッキーに恵まれやすくなるでしょう。

コツコツと投資していた案件が活発化したり、誰かから突然、「受け継ぐ」ものがあったりと、何かと「先方から舞い込む」要素が強くなります。

牡牛座は「貯めこむ」事が得意な星座でもあります。

手に入れた金運をじっくり温め育てていきましょう。

 

以上が2019年の牡牛座の運勢になります。

いかがでしたでしょうか?

星の動きに従って動いていくことで、納得がいく1年を過ごすことができるようになります。

一つの指針にして、2019年の予定を組まれてみてください。